「新版 量子論の基礎」(清水明著)の出版について


このページは随時更新します    

Last update : 

幸いにもSGC版の「量子論の基礎」は好評ですが、 書籍の分類上は雑誌になるために,インターネット書店で入手できない 等の問題点も出てきました。 また,ページ数の制限から詳しい説明を省いた部分もありました. そこで,大幅に 加筆・改訂したものを 単行本とし て出版することになりました。(SGC版は品切れになりました。)

この本の狙い特色、また、SGC版との違いなどは、 まえがき と さらに学びたい 人のための指針 をご覧下さい。 目次 や 補足の目次 や 索引  も参考になると思います。

日 本物理学会誌 第59巻12号p.905 (2004年12月号)に、プロの物理学者による書評が掲載されています。(こ こで無料で閲覧できるそうです)

 


正誤表など

補足の目次(PDFファイル) (第2刷以降には目次の次のページに付いています)

第1刷から第2刷への修正・加筆リスト(PDFファイル)

第2刷から第3刷への修正・加筆リスト(PDFファイル)

第3刷から第4刷への修正・加筆リスト(PDFファイル)

第4刷から第5刷への修正・加筆リスト(PDFファイル)

第5刷から第6刷への修正・加筆リスト(PDFファイル)

第6刷から第7刷への修正・加筆リスト(PDFファイル)

第7,8刷から第9刷への修正・加筆リスト(PDFファイル)

第9刷から第10刷への修正・加筆リスト(PDFファイル)

第10刷から第11刷への修正・加筆リスト(PDFファイル)

最新刷が印刷された後に見つかった修正・加筆点の リスト(PDFファイル) 随時更新中


おまけ

物理学者が、2章や8章に書いたような量子論の深い理解に到達するまでには、壮大な紆余曲折がありました。そのきっかけになったのは、Einstein, Podolsky, Rosen の 1935年の有名な論文でした。この壮大な物語について知りたい読者は、アインシュタインと21世紀の 物理学(日本物理学会編, 日本評論社2005)の第7章に書いた「EPRパラドックスからベルの不等式へ」をお読みください。この、いわゆる「EPRパラドックス」につい ては、巷でたくさんの誤解が見られますが、この解説を、本書を勉強した後に読むことを勧めます。
また、因果律などについてどうしても疑問が消えない人のために、この解説の最後の「補足」の節をこ こに公開しておきますので、ご覧ください。(著作権は清水にありま す。無断で配布したり改変したりすることを禁じます
日本評論社出版権との関係は調整済みです。)



清水研のホームページに戻る