清水研を志望する方へ−必ず読んでください

last modified :  


重要なお知らせ

29年度は相関基礎科学系の系長などを務めて多忙なことと、現在の大学院生の数が多いことから、29年度大学院入試では、やる気と才能を高いレベルで兼ね備えた人以外は受け入れないことにいたします。

その点に自信がある志望者で、研究室訪問を希望する方は、Eメールでご連絡ください。



まず、清水研のHPを見て、あらかじめ清水研に関する知識を得ておいてください。

その上で、できるだけ広域科学専攻入試説明会に出席してください。
説明会のすぐ後に、研究室訪問の時間を設けます。

これは、清水研や近所の研究室を知るためには一番便利な機会ですので、
理学系研究科から清水研を受験する人も、この日に来て
いただくのが一番便利です。

この日に来られない人は、Eメールで連絡の上、訪問することになりますが、
その場合は、なかなかスケジュールが合わずに訪問できないこともあり得ることをご承知おきください。

総合文化研究科と理学系研究科で、違いはあるの?

どちらの研究科に属しても、研究室内では同等です が、講義や事務に関しては違いがあります。

清水研の院生は駒場に机を与えられますが、理学系の学生は、講義や事務手続きを本郷まで出かけて行く必要があります。


あと、ちょっとうるさく感じるかもしれませんが、大学院で理論の研究室に入ることの意味をまるで分かっていない人も、たまにいるので、ちょっとした注意を以下に書いておきます。参考にしてください。

当研究室は、次 の条 件に当てはまる人だけ志望してください

「きめ細かな指導」は不要だと思う

『予備校みたいな手取り足取りの指導をしてもらって、言われたとおりにやってさえいれば研究者になれる』と思っている人は、大学院には向いていません。

先生のいうとおりに計算してもうまくいかないのは当然だと思う

我々プロの研究者でも、「こうやったらどうかな?」「ダメか。じゃあ、こうしたら?」「これもダメか。じゃあ、こっちは?」…というのを何回も繰り返し て、ようやく研究が形になってきます。僕は、この「こうやったらどうかな?」レベルのことを院生に言いますので、そのままではうまくいかないのが普通で す。『それではイヤだ。予備校の先生みたいに100%うまくいくやり方をアドバイスしてくれ』という人は、大学院には向いていません。

「ダメな理由」だけでなく「こうすればいいのでは?」というアイデアも提案 できる

会社でもそうですが、ひとつのプロジェクトに対して、それがダメな理由を挙げるのは簡単なので、ちょっとうまくいかないと、すぐに「そもそもこのプロジェ クトはダメだ」と言い出す人が大勢居ます。しかし、そういう人は、どんなプロジェクトでもダメだダメだといって、何の成果も上げられない人たちです。ダメ な理由を挙げるのは結構なのですが、その欠点を解消するアイデアを考えられる人でないと、研究はできません。

なかなかうまくいかなくても、最低半年は粘れる

上記のように、研究というのは、なかなかうまくいかないものです。それですぐに嫌になってしまうような人は、研究者に向きません。

自分の学力は、同級生の中で上位20%以内には入ると思う

理論をやるからには、ある程度の基礎学力は必要ですから、当然ですよね?『今まではさぼっていたからダメだったが、大学院に入ったら頑張ります』と いう人がよくいます が、そんなあてにならない約束を信じても、お互いに不幸です。たとえば僕が、「今までは野球をちゃんとやってこなかったが、今年から頑張れば、ヤンキース の打者を完封できる」と言ったらあなたは信じますか?もちろん例外もありますが、それは希なことですので、くじに当たるのを期待するようなものです。大事な時期をくじ運に任せるのは不幸だと思います。